最終更新日:2014/10/1

インテリア照明について

照明っていろんなところで見かけますよね。
デパートなどのショーウィンドウでいろんな商品が綺麗にライトアップされてあったり、おしゃれなレストランにあるかわいいペンダントライト、居酒屋では、いい具合の明るさの照明がとてもくつろげる雰囲気を演出してくれています。

そんな素敵な雰囲気がおうちの中でも感じることができたらいいですよね。
たとえば寝室には、ベットサイドにお好みのスタンドライトを置いてみたり、玄関を明るくしたいときは、シーリングライトをつけたり、食事をするお部屋にはペンダントライトがあるだけでとても優雅な気分になれちゃったりして・・・(笑)

照明の役割は部屋を明るく照らし、普段の生活を暮らしやすくするだけではないのです。
照明プランしだいでインテリアの演出効果やくつろぎ感がアップして、より素敵な部屋に生まれ変わっちゃうんです。このことを心がけみなさんもそれぞれのお部屋の雰囲気にあった、インテリア照明を選び「あかり」を楽しんでみましょう。

インテリア照明の種類

 

華やかな光のシャンデリアライト

シャンデリアは、リビングや吹き抜けのメイン照明として空間を彩るアイテムです。
吊り下げ型と天井直付け型があります。
床から2.2mくらいに下げますが、天井が低い場合などは直に天井につける方法が適しています。

 

シーリングライト

天井に付いていて、デザインが丸or四角型の照明器具。
メイン照明として、天井に直接取り付け、部屋全体を明るく均一に照らします。
もっとも一般的な照明で、空間が広くみえます。

玄関、子供室、寝室、台所、老化、浴室、便所などいろんな場所取付けることができます。

 

ブラケット

壁面や柱に取り付ける補助照明。
アクセント的な使い方で光の効果を演出し、さまざまな配光を楽しむことができます

玄関ホールや居間の壁面に取付られ上向き点灯や下向き点灯のタイプがあります。

スポットライト

主に天井についていて、照らしたい所光を当てる照明器具。
室内では「絵画」や「美術品」などを照らすことに良く用いられています。

また、電球の種類を変える事によって、光を照らす範囲を広げたり狭くしたりすることが可能です。

ペンダントライト

ダイニングルームやキッチンの食卓に適した、吊り下げ型の照明です。
掃除や電球の付け替えなどのメンテナンスも簡単にできます。

通常はテーブルの上から70〜80cm位のところに吊り下げます。

ダウンライト

天井など壁に埋込まれた丸や四角の照明器具。
一部スポットライトの同じ役割をもちますが、その他に部屋の演出に一躍かっているのがこのダウンライトです。

電球を使用しているタイプについては、調光機能をつける事ができ、これにより明るさの微妙な調整が可能になります。
天井ではなく床に付けられることもあります。ダウンライトとの組み合わせも容易くできると思います。

フットライト

フットライトとは、夜間や暗がりで安全に歩行できるように階段、廊下、寝室、外階段、アプローチなどに設置する照明器具。

床から30cmくらいの高さに、低消費電力でまぶしくないように上面遮光にしたものが多く人が通ると自動で点灯したり明るさセンサー付きのものなどもあります。
足元灯とも呼ばれています。

pickup

最終更新日:2015/2/19